MAZERAY STORY

Mazeray(マゼレィ)伯爵の歴史

若きヨセフ・マゼレィ伯爵は、1850年初頭に故郷フランスを後にアメリカへ移住しました。
伯爵は金鉱がカリフォルニア州に存在するという話を聞き、自分の貯蓄を投資し金鉱捜しの遠征に出ました。 長い年月の間、調査探索を繰り返し、また疑心暗鬼の末ついに金鉱を捜し当て巨万の富を手にしたのです。 マゼレィ伯爵がフランスに戻ると、どこを訪れてもアメリカでの冒険に満ちたサクセスストーリーを話してくれと頼まれました。 そして伯爵の両親や友人達のパーティーに誘われた時は素晴らしいサプライズを常に用意していました。
彼の目の輝きと共に、彼が渡す全ての贈り物には黄金が入っていたのです。
独創的に制作された伝統的なオブジェクトや常識を覆す革新的なプレゼント・・・
伯爵の全ての作品は、新しい感覚を求める当時の上流階級の人々を魅了しました。
それら伯爵の作品の中に金の斑点を加え一段と豪華さを演出した飲み物がありました。
Mazeray (マゼレィ)シャンパンの起源です。

The Comte de Mazeray Story(ザ・コント・デ・マゼレィ・ストーリー)

1世紀半後、Mazeray(マゼレィ)伯爵のシャンパンが創造性と黄金の魅了をさらに加えラグジュリーにそして華麗に紹介されました。
2005年ワインの聖地Beaune(ボーヌ)で生まれ育ちマゼレィ伯爵の縁威にあたるフランス人、ジャン・クリストフが妥協を許さない最高品質のシャンパンを完成させ、金箔との融合により威厳と希少価値のあるシャンパン「Comte de Mazeray」(コント・デ・マゼレィ)を欧米にデビューさせました。
(当初は「Luxor」と名付けられましたが、2013年よりクリストフ代表の判断で由緒正しき「Comte de Mazeray」(コント・デ・マゼレィ)のラベルで販売されています。)

Mazeray(マゼレィ)は豪華さと品質の高さにより欧米にて新しいメジャーとなり、「黄金」を鑑賞しながら飲むという新感覚のラグジュリーをセレブの方々にお届けしています。
このフランスで創造された特別なシャンパンは、既に多数の有名ホテルや世界のトップクラスレストランにて提供されています。

希少でゴージャスなMazeray(マゼレィ)はあらゆる機会にマジカルな素晴らしい思い出を演出しています。
日本では食材やお酒に金箔を使用することは昔から馴染みがあります。
特にお祝いの席で金箔入りの日本酒が出されることは縁起物として重宝されてきました。
特別な日、特別な御祝いを祝福する乾杯の一杯。
最高品質のシャンパンに24K金箔を加えた最高にお洒落で粋な一杯。
世界に一本しかない「特注金箔デザインボトル」を最高の日に、最愛の方へのプレゼントにされては如何でしょうか。

日本での販売開始は平成26年4月29日となりました。




お酒は20歳になってから。未成年者への販売はお断りいたします。